Fumitoshi Goto

ホールフーズ、ニューヨークに365オープン

激しくウォルマートなアメリカ小売業ブログ

在米28年のアメリカン流通コンサルタント

フォローする:

■ホールフーズ・マーケットは今月31日、東海岸では初となる「ホールフーズ・マーケット365(Whole Foods Market 365)」をオープンする。7店舗目となる365はニューヨーク市ブルックリンのフォートグリーン地区(292 Ashland Place Brooklyn, NY 11217)。ジョン・F・ケネディ国際空港から約17キロ(車で40分)、タイムズ・スクエアからは9キロメートル(30分程度)の距離となる。店舗面積は1,120坪となっており、ホールフーズ365では比較的広い店舗となる。隣には最近オープンしたアップルストアがあり、同じビルの上階はコンシェルジェ付き賃貸アパートメント(35階)となっている。365フォートグリーン店にはオーガニック・スムージー・チェーンの「ジュースプレス(Juice Press)」やビーガンバーガーのファストフード店「ネクスト・レベル・バーガー(Next Level Burger)」が入店する。ネクスト・レベル・バーガーはオレゴン州ポートランドにある人気レストランであり東海岸では初お目見えだ。なおネクスト・レベル・バーガーは、2016年7月にオープンしたホールフーズ365レイクオスウィーゴ店や2017年12月にオープンした365コンコード店などにも入店している。365フォートグリーンには、1916年創業のユダヤ系ベーカリー「オーワシャーズ・ベーカリー(Orwasher's Bakery)」も入店する。オーワショーズ・ベーカリーはシュガーもしくはチョコレートでコーティングしたドーナツにブラックベリーやチェリーなどのジャムの入ったジェリー・ドーナツが人気の老舗だ。
以前まで「365バイ・ホールフーズ・マーケット(365 by Whole Foods Market)」と呼ばれていたホールフーズ・マーケット365は、20代~30代のミレニアル層をターゲットに低価格で訴求する小型フォーマット。同社の割高なイメージからつけられたニックネーム「ホール・ペイチェック(Whole Paycheck:給料の大半が高額なオーガニック食品に使われるという意)」を払拭するため、一部の野菜や果物に非オーガニックを導入。通常2.5万~3万品目の品揃えであるホールフーズに対して365は7,000~8,000品目と商品を絞り込み、プライベートブランド(PB)の比率もホールフーズの10%に対して365は40%にPBを増やし、お値打ち感を演出している。人件費を抑えるため、精肉ブッチャーなど店内加工を省きシーフードや精肉はプリパッケージのみとなっている他、デジタル電子棚札(Electronic Shelf Label)の導入やタブレット端末によるワイン説明など、これまで培ったエブリデー・ロー・コスト・オペレーションのノウハウを隅々にまで行き渡らせている。販促としてスマートフォンによるロイヤリティプログラム「マイ365リワード(My 365 Rewards)」も行われており、会員には毎日100品目が10%オフとなるディスカウントや「10個購入で1個無料」の数量割引も提供される。
ホールフーズはロサンゼルス郊外に365シルバーレイク店(Silver Lake 365)を2016年5月、365レイクオスウィーゴ店(Lake Oswego 365)を同7月 365ベルビュー店を同9月にそれぞれオープンした。昨年4月にはテキサス州オースティン郊外(Cedar Park 365)に4店舗目、8月にはロサンゼルス郊外サンタモニカ(Santa Monica Pico 365)に5店舗目、9月14日にはオハイオ州アクロン(Akron 365)に6店舗目がオープンした。また昨年末(12月6日)にはサンフランシスコ郊外コンコード地区の「ヴェランダ・ショッピングセンター(Veranda shopping center)」に7店舗目がオープンしている。一方で、3号店目の365ベルビュー店は昨年10月、突然撤退した。撤退についてホールフーズは「決定は(昨年8月)アマゾンに買収される以前に、近くにホールフーズのある難しい立地と実績などを精査して決定した」と明かしている。365ベルビュー店から車で8分(約2キロ)のところにはホールフーズ・ベルビュー店(888 116th Ave NE, Bellevue, WA 98004)が展開している。なお365フォートグリーン店から1.6キロメートルのところには、ルーフトップがグリーンハウスとなるホールフーズ(214 3rd St, Brooklyn, NY 11215)がある。

トップ画像:2017年8月にオープンしたホールフーズ・マーケット365サンタモニカ店。
17年10月14日 - 【ホールフーズ】、365が395日で閉鎖!写真からカニバリと不明瞭なポジションが見える?

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。後藤はクライアントとのランチから、夕食のレストランまで手配することがあります。ランチはオムニチャネル・ワークショップでモバイル・オーダーの実演ができるレストラン(ファストフード、ファスト・カジュアル)を選んでいます。夕食については美味くて評判の良いレストランをチョイスしています。実はレストランの手配で大いに参考にしているのがレビューサイトのイェルプ(Yelp)です。イェルプは食べログのようにランキングとクチコミで探せるグルメサイトで、ユーザーによる5段階の評価が掲載されています。経験則からイェルプで4.0以上の評価であれば、ハズれることはありません。このイェルプで検索していて、気になっていたランキングがありました。「ニューヨーク市で最も美味いバゲット(Best Baguette New York, NY)」ランキングです。バケットとは小麦粉と塩、水、イーストのみで作られる細長いフランスパンの一種です。

⇒ニューヨーク市で最も美味いバゲットのランキングにある店に行っても長い行列ができて買えませんでした。また、他の店もアクセスが面倒であきらめなければなりませんでした。その「最も美味いバゲット」ランキングで2位に選ばれている老舗ベーカリーのオーワシャーズ・ベーカリーのパンがホールフーズ・マーケット365のNY新店で販売されるのです。日程ではJFK国際空港からスチューレオナードの新店(1897 Front St, East Meadow, NY 11554)を視察後、マンハッタンに行く前に寄れます。ルーフトップがグリーンハウスになっているホールフーズ(214 3rd St, Brooklyn, NY 11215)も近くなので、両店とも行けますね。ブルックリンの老舗ステーキハウス「ピータールーガー」に行くこともあるので、その前に寄ってもいいですね。で、365フォートグリーン店では、ニューヨークで2番目に美味いバゲットを購入し、参加者のオヤツ(夜食)でシェアするのです(楽しみだなぁ~)。
ということでクライアントの皆さん(特に食品関係)、ニューヨーク視察の日程(初日)は、JFK空港~スチューレオナード・イーストメドウ店(ロブスターロールのランチ?)~365フォートグリーン店(バゲットのおやつ)という流れになりますからヨロシク!

後藤文俊

記事のタグ

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング