Lifestyle

「コエ」渋谷のホテル併設型旗艦店にスマートレジ導入へ、夜間は無人営業

スマートレジイメージ
スマートレジイメージ
Image by: ストライプインターナショナル

 ストライプインターナショナルが展開する「コエ(koe)」が、2月9日に開業する渋谷のホテル併設型グローバル旗艦店「hotel koe tokyo」2階のアパレルショップに、初の試みとなるセルフ&キャッシュレスの「スマートレジ」を導入する。夜間は無人で営業される。

 

 渋谷は夜間も賑わう立地であることを踏まえ、アパレルショップは営業時間を23時までとし、21時から23時までは無人店舗でセルフショッピング形式で営業。買い物客は自由に商品を選び、クレジットカードで決済する。順次、各種電子マネーやApple Pay等にも対応していくという。

 また、1階のブレッド&ダイニング「コエ ロビー(koe lobby)」ではテイクアウト専用のモバイルオーダーシステム「O:der」を導入。スマートフォンの専用アプリから注文や支払いが可能となる。同社の石川康晴社長は、これらの取り組みについて「グローバルで進むキャッシュレス化に対応し、忙しい人々やインバウンド、若い世代にも効率的かつストレスフリーなショッピングを楽しんでもらえる場所になると思っている」とコメントを発表している。

■hotel koé tokyo
オープン日:2018年2月9(金)
住所:東京都渋谷区宇田川町3番7号
フロア構成:1F ベーカリーカフェ&レストラン「koe lobby」、イベントスペース「koe space」、ホテルレセプション 2F ショップ(ウィメンズアパレル、メンズアパレル、生活雑貨)、3F ホテル(ゲストルーム、ホテルラウンジ)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング