Business

豊島が日本環境設計の第三者割当増資を引受、再生ポリエステル事業に参画

 繊維専門商社の豊島が、自社の運営するCVCファンドを通じ、日本環境設計の第三者割当増資を引き受けた。また、豊島は優良生産パートナーとして日本環境設計の再生ポリエステル事業に参画する業務提携契約を締結したことを発表した。

 日本環境設計は、着用しなくなった衣料品を店頭で回収し、ケミカルリサイクルにより新しい服に生まれ変わらせることで石油の使用削減に貢献するプロジェクト「BRING」を企画運営。昨年12月、北九州響灘に同社が回収した衣料品を原料に含む再生ポリエステル樹脂の製造工場を稼働させた。今後は「BRING」プロジェクトに参加する企業にこの再生ポリエステル樹脂を使用した製品の販売を行う予定だ。

 豊島は、素材部署と製品部署が連携したプロジェクトチームを組成し、同素材を使用した製品の生産及び販売を行う。また、日本環境設計と連携して啓蒙活動や情報発信を行い、優良生産パートナーとして同素材の品質および供給の安定をサポートしていくという。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング