THE RYOKAN TOKYO
Image by: 3ミリ

Lifestyle

現役東大生が仕掛け人「THE RYOKAN TOKYO」が湯河原にオープン

THE RYOKAN TOKYO
Image by: 3ミリ

 湯河原の温泉旅館「ザ・リョカントーキョー ユガワラ(THE RYOKAN TOKYO)」が、オーナーの個人投資家 千葉功太郎とホテルプロデューサー 龍崎翔子との協業のもと2月1日にリニューアルオープンする。運営はL&G GLOBAL BUSINESSの子会社 3ミリが引き継ぐ。



 リニューアル後の「THE RYOKAN TOKYO」では「CHILLな温泉旅館」をコンセプトに、和室11室とドミトリー14床、カフェ&バー「ゲンセンカフェ(gensen cafe)」を展開する。全客室とカフェには、「人をダメにする魔法のソファ」として知られる「Yogibo」を日本の温泉旅館として初めて導入。伝統的な和の空間の心地よさと、最新技術によって作られたソファの快適さがミックスされた新スタイルの憩いの場を提供する。

 このほか、施設内には「CULTURE STORY」をテーマにキュレーションし、日本のサブカルチャーやトレンドカルチャーに関する名作をそろえた本棚を設置。夕食には「フレンチ寿司」など和食を現代的な視点で再構築した「ミニ懐石料理」、朝食には鯵の干物やみかんなど湯河原の地産食材を取り入れた「湯河原おちょこ御膳」などを提供する。宿泊料金は和室が1万2,000円〜、ドミトリーが3,500円〜。イメージモデルにはモデルの山本奈衣瑠が起用した。

 ホテルプロデューサー 龍崎翔子は、L&Gグローバルビジネスの取締役兼CCOで東京大学に通う21歳の現役大学生。都市型ホテルブランド「SHE,」などを手掛けている。

■THE RYOKAN TOKYO
オープン日:2018年2月1日(木)
住所:神奈川県足柄下郡湯河原町宮上742
客室:和室11室、ドミトリー14床(定員64人)
宿泊料金:和室1泊2食 税別1万2,000円、ドミトリー素泊まり 税別3,500円〜
*宿泊料は季節により変動。
公式サイト

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング