イベントに登場したマドモアゼル・ユリア(中央)
Image by: FASHIONSNAP

Beauty Promotion

メークとファッションの掛け算を楽しむ「RMK×グローイングペインズ」イベント開催

イベントに登場したマドモアゼル・ユリア(中央)
Image by: FASHIONSNAP

 「アールエムケー(RMK)」と「グローイング ペインズ(GROWING PAINS)」が、メーキャップとファッションを融合した初の限定店「COLOR CLOSET LIMITED STORE」を、伊勢丹新宿店本館2階=センターパーク/TOKYO解放区にオープンした。2月2日には、レトロシックなスタイルをメークと最新コレクションで体現したグローイング ペインズのデザイナー マドモアゼル・ユリアのトークショーが開催され、多くの女性客が来場した。

 両ブランドのコラボレーションは、東京ファッションウイークで開催されたランウェイショーで実現。大正時代の日本で自分らしさを追求しブレずに生きたパンク的精神を持つ「モダンガール(=モガ)」を表現した2018年春夏コレクションに合わせて、RMKが「違和感」をテーマにブルーのリップやアイシャドーでエッジーに仕上げるなど、さまざまなスタイリングにメーキャップが彩りを加えた。

 限定店では、ショー会場となった小笠原伯爵邸やバックステージを再現。グローイング ペインズの新作コレクションや限定アイテムをRMKのコスメと共に販売し、メーキャップとファッションの組み合わせも提案している。トークショーでは、マドモアゼル・ユリアの強い希望によって個性を引き立てるメーキャップが実現したことなど、ショーの裏側の様子が明かされた。ナチュラルメークを得意としているRMKとしても「とてもチャレンジングな取り組み」になったという。

 トークショーでは、ゴールドエリカをモデルに迎えてファッションに合わせたメークのレクチャーも行われた。マットとパールが一本になった「RMK Wウォーターアイズ カラーインク」から青みニュアンスの「02 フレンチモーヴ」をアイホールに使い、アイラインはスモーキーに広げることでストリートスタイルをクールに演出。口元にもブルーのラメを多く含んだ「RMK リップジェリーグロス 11 ワンダーブルー」を使用するなど、素肌感のあるベースメークにくすんだ色と青みをスパイスとして効かせるテクニックが伝授された。

 イベントでは、参加したゲストらがマドモアゼル・ユリアと特設のフォトブースで写真撮影を楽しんだり、RMKメーキャップアーティストによるアドバイスを受けるなど、"ファッション×メーク"の掛け合わせを楽しんだ。限定店は2月14日まで営業。両者のコラボレーションは今後も続いていくという。

■「COLOR CLOSET」 RMK × GROWING PAINS LIMITED STORE
会場:伊勢丹新宿店本館2階=センターパーク/TOKYO解放区(東京都新宿区新宿3-14-1)
会期:2018年1月31日(水)~2月14日(水)

RMK:公式サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング