イメージパース
Image by: 住友林業

Lifestyle

丸の内エリアに高さ350メートルの木造超高層ビル建設へ 店舗やホテルが入居

イメージパース
イメージパース
Image by: 住友林業

 住友林業が、創業350周年を迎える2041年までに高さ350メートルの木造超高層ビルを建設する開発構想「W350計画」を始動することを発表した。

 

 同計画は同社研究開発機関の筑波研究所が中心となり、高層建築物の木造化・木質化と街を森にかえる環境木化都市の実現を目指すプロジェクトで、日建設計が設計に協力する。木材比率9割の木鋼ハイブリッド構造で、内部は純木造。丸の内エリアに建設を計画しており、建物の一番外側は四周をぐるりと回るバルコニー状のデザインに仕上げるという。地上70階建てで、延床面積は45万5,000平方メートル。店舗やオフィス、ホテル、住宅が同居する予定だ。総工費試算は約6,000億円で、今後技術開発をすることでコストダウンを進めて経済的にも実現性を高めていくという。

記事のタグ

最新の関連記事

おすすめ記事

見逃し記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング