コスメキッチンとビープルに続く柱に、マッシュが新業態「メイクアップキッチン」を出店

ロゴ
ロゴ
画像: マッシュビューティーラボ

 マッシュビューティーラボが、新業態「メイクアップキッチン(Makeup Kitchen)」の展開を開始する。ナチュラル&オーガニックのメーキャップブランドを中心としたセレクトショップで、2月28日にルミネ新宿 ルミネ2、3月3日にルミネ有楽町 ルミネ1に店舗を出店する。

 メイクアップキッチンでは、肌に負担をかけずスキンケア効果が期待でき、ポジティブなマインドに切り替えるナチュラル処方のメーキャップブランドはじめ、スキンケアやインナービューティーに関連した商品を世界中からラインナップ。同社の新ブランド「トーン(to/one)」のほか、「エムアイエムシー(MiMC)」「ナチュラグラッセ(naturaglace)」とそれぞれ共同開発した新ブランド「エムアイエムシー ボーテ(MiMC BEAUTE)」「ムー(m.m.m)」がデビューし、カナダや韓国から初上陸するスキンケアブランドも取り扱う。

 また、美容家電のパイオニア ヤーマンと協業し、話題のビューティーギアを紹介する新業態のセレクトブランド「ワイエム バイ ヤーマン(Y/M by YA-MAN)」の展開を開始。店内に特設コーナーを設ける。

 メイクアップキッチンの今後の出店計画として、関西エリアの百貨店をはじめ数年で全国10店舗体制を整え、「コスメキッチン(Cosme Kitchen)」と「ビープル バイ コスメキッチン(Biople by CosmeKitchen)」に続くオーガニック&ナチュラルセレクトの柱を目指すという。