メルチャリで提供する自転車
Image by: ソウゾウ

Lifestyle

メルカリのシェアサイクルサービス「メルチャリ」福岡市で提供開始、2月27日から

メルチャリで提供する自転車
メルチャリで提供する自転車
Image by: ソウゾウ

 メルカリグループ会社のソウゾウが、オンデマンドシェアサイクルサービス「メルチャリ」を2月27日に提供を開始する。第1弾の導入都市は福岡市。アプリはApp Storeで近日中に公開される予定。

 

 「メルチャリ」の利用方法は、アプリをダウンロードした後、アプリ内のマップに記載されている専用ポートで自転車を見つけ、専用のQRコードでサドル下にある鍵を解錠するとレンタルができる。使用後は専用ポートに返却する必要がある。使用する自転車は20インチ、3段階ギア、日本製の非電動アシスト自転車。

 安心・安全面においては、自転車に内蔵されたGPSで常時自転車の駐輪場所を把握することに加え、カスタマーサポートによる監視と対応を365日実施する。また、利用者が放置・故障自転車の報告や移動などのアクションをとると「メルチャリ」内で貯まるマイルやメルカリポイントを付与する仕組みを導入。利用者が運営に参加できるサービスを目指すという。このほかシェアサイクル専用の保険を付保しており、国内初となる「示談交渉サービス」つきの賠償や、ケガを被った場合に補償を受けることができる。

 利用料金は1分毎に4円で、クレジットカード払い、コンビニ払い、ATM払いに順次対応する。また、フリマアプリ「メルカリ」のIDとの連携が可能。福岡市では博多、天神、ウォーターフロントのエリアを中心に、サービス開始時点で50のポートと400台以上の自転車の設置を予定しており、夏頃までにエリアの拡大と2,000台程度の自転車の投入を目指す。

<自転車総合保険>
1)傷害補償条項
- 死亡・後遺障害保険金額:1,000万円
- 入院保険金日額:5,000円
- 通院保険金日額:2,500円

2) 賠償責任補償条項
- 保険金額:最高2億円

<施設賠償責任保険>
保険金額
- 身体:最高2億円
- 財物:最高2億円
※自転車やポート等の監理の不具合により第三者に損害を与え、法律上の賠償責任を負う場合の保険
(例)自転車の転倒により施設等へ損害を与える

なお、保険の詳細については、引受幹事保険会社である損害保険ジャパン日本興亜株式会社の情報を参照ください。

シェアサイクル専用保険について(PDF)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング