Business

北九州スペースワールド跡地にイオンモールが新施設を出店、2021年オープンへ

 イオンモールが、新日鐵住金および新日鉄興和不動産が所有する、福岡県北九州市八幡東区に位置するスペースワールド跡地の開発事業者として正式決定し、大規模集客施設「(仮称)八幡東田プロジェクト」を出店する。開店予定日は2021年を目標としている。

 計画地は、北九州都市高速「枝光IC」やJR鹿児島本線「スペースワールド駅」に隣接しており、交通アクセスが良好。周辺には世界遺産の「官営八幡製鐵所」や、北九州市が運営する博物館などが立地している。

 「(仮称)八幡東田プロジェクト」では、国内外からの集客が図れて地域経済の活性化に繋がるような新たな地域拠点として、ショッピング機能だけではなくエンターテインメント、カルチャー、食を融合した施設計画を検討する。敷地面積は約27万平方メートル。北九州の新ランドマークとして、地域の居住者をはじめ国内外からの観光客が来店する施設計画にしたい考え。

■(仮称)八幡東田プロジェクト
所在地:福岡県北九州市八幡東区東田四丁目1番101外

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング