Business

中国の投資会社 復星国際、仏最古のクチュールメゾン「ランバン」を買収

 中国の投資会社 復星国際が2月22日、「ランバン(LANVIN)」を買収することを発表した。

 

 ランバンは1889年にジャンヌ・ランバン(Jeanne Lanvin)がスタートした、フランス最古のクチュールメゾン。現在50カ国以上でウィメンズウエア、メンズウエア、キッズウエア、アクセサリー、フットウエア、レザーグッズなどを展開している。

 ランバンのNicolas Druz CEOは、「復星国際のブランドに対する知見や、Club Med、Tom Tailorといったブランドとのパートナーシップを含む欧州およびグローバル市場での実績などから、長期的な戦略的パートナーとして正しいと確信している」とコメントを発表。また、Simone Mantura副ジェネラルマネージャーは「130年近い歴史があるフランスのブランドとして、若くダイナミックな復星国際とパートナーシップを結ぶことは刺激的で、大きな可能性を秘めている」と付け加えている。

 復星国際のGuo Guangchang会長は「全てのブランドが1世紀以上にわたって輝けるわけではない。世界的ブランドと新たなパートナーとなれて光栄です」と語る。まずは中国内でビジネスの拡大を図っていく。

最新の関連記事

おすすめ記事

見逃し記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング