成田空港にイトーキの無料スペースが開設、ワーカーが快適に過ごせる空間を提供

(左)ITOKI -seating area-(右)Knoll -seating area-(左)ITOKI -seating area-(右)Knoll -seating area-
(左)ITOKI -seating area-(右)Knoll -seating area-
画像: イトーキ

 成田国際空港第1旅客ターミナルの出国審査後のエリアに、イトーキ(ITOKI)がフリースペース「ITOKI -seating area-」と「Knoll(ノル) -seating area-」を開設する。

 3月5日、第2サテライト2階にオープンする「ITOKI -seating area-」には、イトーキを代表するインテリアを設置。ワークスタイル空間「NEW WORKSTYLE」、コミュニケーションの活性化を促し、仕事の質を高める快適性の高い空間「COMMUNICATION」、集中して作業に取り組むワーカーに向けた「FOCUS」の3つのスペースから構成され、イトーキが考える「明日の働く」を具現化するという。「NEW WORKSTYLE」には、イノベーションとクリエイティビティーを最大化できるオフィス家具シリーズ「ノットワーク(knot Work)」を、「COMMUNICATION」にはミーティングファニチャー「ピナモ(pinamo)」を、「FOCUS」にはトータルオフィスシステム「アフィーノ(Affino)」を配置する。

 4月6日、中央ビル新館3階にオープンする「Knoll -seating area-」には、世界的に知られる北米の家具メーカーKnollのインテリアを設置。「Rockwell」を中心としたシリーズで構成し、高い快適性とデザイン性を両立した上質な空間を創出する。

 今回の取り組みは、空港内でオフィスと同じように本格的に仕事ができるスペースを作ることで、ワーカーの生産性を高める試みとして実現。両エリア共に面積は330平方メートルで、6時から23時まで営業する。

■ITOKI -seating area-
オープン日:2018年3月5日(月)
場所:成田国際空港第1旅客ターミナル 第2サテライト2階
席数:64席
営業時間:6:00~23:00

■Knoll -seating area-
オープン日:2018年4月6日(金)
場所:成田国際空港第1旅客ターミナル 中央ビル新館3階
席数:151席
営業時間:6時~23時