個展の告知・出品ポスター「中村至男展」

Art

アートディレクター中村至男が亀倉雄策賞受賞、個展が銀座で開催

個展の告知・出品ポスター「中村至男展」
個展の告知・出品ポスター「中村至男展」

 クリエイションギャラリーG8が、アートディレクター中村至男の亀倉雄策賞受賞を記念した個展「中村至男展2018」を開催する。会期は4月6日から5月16日まで。

 

 中村至男は日本大学藝術学部を卒業後、CBS・ソニー(現ソニー・ミュージックエンタテインメント)に入社し、1997年に独立。代表作には、21_21 DESIGN SIGHT「単位展」、銀座メゾンエルメスのウインドウディスプレイ、松山市立子規記念博物館、日本科学未来館、「広告批評」(1999年)、アートユニット「明和電機」のグラフィックデザインのほか、佐藤雅彦とのプロジェクト、PlayStation「I.Q」、NHKみんなのうた「テトペッテンソン」などがある。絵本「どっとこどうぶつえん」ではボローニャ・ラガッツィ賞優秀賞を受賞した。

 亀倉雄策賞を受賞した作品は、昨年1月にクリエイションギャラリーG8で開催した初個展「中村至男展」の告知および展示のための新作ポスター。ミニマルな線やフラットな色面構成で生命を独自の切り口で表現し、ユーモアが混在する同作は「テクノロジー寄りのものではなく、非常に人間的なナイーブさを持つ"新しさ"がある」「グラフィックの新しい鉱脈を探り当てた」と高く評価された。4月6日にはオープニングパーティーを開催。また、会期中にトークイベントを予定している。

 過去の亀倉雄策賞受賞者には田中一光(第1回)や佐藤可士和(第3回)、佐藤卓(第10回)、植原亮輔(第11回)、葛西薫(第16回)などがいる。前回は渡邉良重が選出された。

■第20回亀倉雄策賞受賞記念 「中村至男展2018」
会期:2018年4月6日(金)〜5月16日(水)
時間:11:00〜19:00
会場:クリエイションギャラリー G8
住所:東京都中央区銀座8-4-17 リクルートGINZA8ビル1F
※日曜・祝日と4月29日(日)〜5月6日(日)は休館
※入場無料

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング