昭和46年に建てられ、長年人々が暮らしてきた普通の居住ビル
Image by: SUPPOSE DESIGN OFFICE.,Ltd.

Lifestyle

サポーズデザインオフィスがホテル事業参入、広島に新施設オープンへ

昭和46年に建てられ、長年人々が暮らしてきた普通の居住ビル
Image by: SUPPOSE DESIGN OFFICE.,Ltd.

 谷尻誠と吉田愛が主宰する建築設計事務所サポーズデザインオフィス(SUPPOSE DESIGN OFFICE.,Ltd.)が、ホテルを中心にギャラリーやレストラン、ショップ、オフィスなどで構成する新施設「THE PLACE(仮称)」を2019年秋に開業する。

 「THE PLACE(仮称)」は地下1階、地上5階建てで、敷地面積は195.6平方メートル。広島市中区堺町1丁目に立地する昭和46年に建てられた居住ビルを活用する。ホテルは3層に7室を展開し、客室料金は3万円〜を予定。同社はこれまで数多くのホテルを設計してきたが、運営を手掛けるのは今回が初めて。

 建設にあたり、解体前のビルの全室を無料でアーティストやクリエイターに解放し、そこで生まれたコトやモノをホテルへと受け継いでいく「堺町ビルプロジェクト」を5月1日から6月30日までの期間限定で展開。広島の編集プロダクション「ぶるぼん企画室」や写真家の藤岡亜弥、盆栽制作を行うプレシャスなど10組の入居者が決定している。

■(仮)THE PLACE
開業予定:2019年秋
住所:広島県広島市中区堺町1丁目8-17
主な付帯施設:ギャラリー、レストラン、ショップ、オフィスほか
運営・経営・所有者:SUPPSE DESIGN OFFICE株式会社

堺町ビルプロジェクト:Instagram

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング