Art

中村勇吾×小山田圭吾×片山正通による"音楽建築空間"が出現

展示の様子
展示の様子
Image by: FASHIONSNAP.COM

 6月29日に開幕する21_21 DESIGN SIGHTの企画展「AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展」の内部が、関係者向けに公開された。ディレクターをインタラクティブデザインの分野で活躍する中村勇吾、音楽をコーネリアス(Cornelius)の小山田圭吾、会場構成をインテリアデザイナーでワンダーウォール(Wonderwall)代表の片山正通が担当。小山田が今回のために制作した展覧会と同名の新曲をもとに9組のアーティストがそれぞれイメージした個性溢れる映像作品が揃い、音楽を軸に空間全体ですべての作品が連動する"音楽建築空間"が体験できる。

 

 21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2で開催される同展の企画は昨夏に始動。21_21 DESIGN SIGHTのディレクターの佐藤卓は、「これまでは我々がテーマを決めていたが、今回は中村勇吾さんにお願いをするというアプローチから始まった」とし、内容はすべて中村に委ねたという。中村はファッション誌「ギンザ(GINZA)」でショーン・オノ・レオンがコーネリアスのニューアルバムを評したコラムで「He paints a kind of audio architecture.」と綴った一文が着想源になったといい、映像やグラフィックなど空間内のあらゆる要素が時間軸でデザインされた音楽と連動し、調和し続ける"音楽建築空間"を構想した。これを再解釈できる人物として、片山を選出。片山は「会場構成は通常、展示領域をデザインするものだが、今回は時間によって作家に空間が支配される」というイメージで、片山自身のキャラクターを活かす場ではなく、黒子としてそれぞれのアーティストが空間を"建築"できるように徹したという。

 最初はギャラリー1に稲垣哲朗によるスタジオライブ映像と中村が手掛けた作詞、編集画面映像を展示し、楽曲をアナログ的に可視化。ギャラリー2では8組のアーティストの作品を単独で、時には連なるように空間全体に投影するほか、ステージ裏に各作品の展示空間を設けた。参加アーティストは、アニメーション作家の折笠良や水尻自子、パフォーマーの梅田宏明、Eテレ「ピタゴラスイッチ」の映像制作を手掛けるクリエイティブグループのユーフテラス(EUPHRATES)などで、大西景太は図形とアニメーションで視覚化し、勅使河原一雅はテリーヌやミミズからインスピレーションを得て制作するなど、同じ楽曲でも作風が大きく異なる作品が揃えられた。佐藤は展示を見て「出来は想像以上。今までにない展覧会になっている」と評した。展示は10月14日まで。また、会場ではHelp!の北山雅和が制作した同展のグラフィックからイメージされた関連グッズや、小山田による新曲を収録した7インチのアナログレコードが発売される。

■「AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展」
会期:2018年6月29日(金)〜10月14日(日)
会場:21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2
開館時間:10:00-19:00(入場は18:30まで)
休館日:火曜日
入場料:一般1,100円、大学生800円、高校生 500円、中学生以下無料

公式サイト

最新の関連記事

おすすめ記事

見逃し記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング