Business

西日本豪雨の被災地へゾゾやストライプが支援開始

Update:

【7月11日追加】ファーストリテイリングが、広島県、岡山県、愛媛県の被災者へ衣類約2万5,000着の送付を開始。
【7月19日追加】スタートトゥデイが、広島県、岡山県、愛媛県に義援金1億円を寄付。

 西日本を襲った豪雨に伴い、アパレル各社が被災地支援として衣類の寄付などを始めている。

 岡山県倉敷市長が避難者の着替え不足を会見で訴えると、スタートトゥデイ代表取締役社長の前澤友作はツイッターで反応。下着や子供服を中心に衣類7,000点を倉敷市の避難者向けに提供すると発表し、そのほかにも支援の必要な自治体に対しては連絡を呼びかけている。本社を創業地・岡山に構えるストライプインターナショナルは、倉敷市の避難所に1万枚の服を送るほか、代表の石川康晴は個人で1億円の寄付を行う。

 そのほか、古着の買取や販売を手掛けるベクトルは、一般社団法人アリス福祉会を通じ被災地へ中古衣類トラック1台分を寄付した。9日から復興の目処が立つまで、毎日約1,000着を届けるという。オンライン発カスタムレーベル「ファブリック トウキョウ(FABRIC TOKYO)」を展開するFABRIC TOKYOは、岡山県産の生地を使用しているデニムラインについて、7月の販売利益全額を支援金として寄付することを表明している。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング