: ©château de Versailles Thomas Garnier Vue arienne du Temple de lamour au domaine de Trianon

Art

現代美術作家 杉本博司がヴェルサイユ宮殿で個展開催

: ©château de Versailles  Thomas Garnier Vue arienne du Temple de lamour au domaine de Trianon
: ©château de Versailles Thomas Garnier Vue arienne du Temple de lamour au domaine de Trianon

 現代美術作家 杉本博司が、ヴェルサイユ宮殿のトリアノン離宮で個展「SUGIMOTO VERSAILLES 展」(仮)を開催する。会期は10月16日から2019年1月20日まで。

 ヴェルサイユ宮殿は2008年から、年1回国内外のアーティストによる展覧会を企画しており、これまでジェフ・クーンズ(Jeff Koons)をはじめグザヴィエ・ヴェイヤン(Xavier Veilhan)、村上隆、アニッシュ・カプーア(Anish Kapoor)などが参加した。第11回となる今回は、日本の現代美術作家 杉本博司を招聘。会場にはかつて王族のプライベートな場所として用いられていたトリアノン離宮を選び、主にプチ・トリアノンのフォリー(装飾的建築)および庭園で作品を展示する。

 なお、日仏友好160周年に際しパリで開催される文化芸術イベント「ジャポニズム 2018:響きあう魂」の公式プログラムとして、杉本博司により再構築された「ディヴァイン・ダンス 三番叟」を上演。公演期間は9月19日から25日までで、パリ市立劇場 エスパス・カルダンで開催される予定だ。

■SUGIMOTO VERSAILLES 展(仮)
会期:2018年10月16日~2019年1月20日
会場:ヴェルサイユ宮殿のトリアノン離宮(Porte Saint-Antoine, 78000 Versailles, France)

■「ディヴァイン・ダンス 三番叟」
上演作品:「三番叟」、「月見座頭」
公演期間:2018年9月19日~9月25日(9月23日休演)
会場:パリ市立劇場 エスパス・カルダン(Théâtre de la Ville Espace Cardin, 1, avenue Gabriel 75008 Paris, France)

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング