山脇巌《バウハウス・デッサウ》1931 年 ゼラチンシルバー・プリント 武蔵野美術大学 美術館・図書館/大阪新美術館建設準備室 © 山脇巌・道子資料室

Art

バウハウス創設100周年、京都で「バウハウスへの応答」展開催

山脇巌《バウハウス・デッサウ》1931 年 ゼラチンシルバー・プリント 武蔵野美術大学 美術館・図書館/大阪新美術館建設準備室 © 山脇巌・道子資料室
山脇巌《バウハウス・デッサウ》1931 年 ゼラチンシルバー・プリント 武蔵野美術大学 美術館・図書館/大阪新美術館建設準備室 © 山脇巌・道子資料室

 「バウハウスへの応答(bauhaus imaginista:Corresponding With)」展が、京都国立近代美術館で開催される。会期は8月4日から10月8日まで。

 

 同展は、バウハウス(bauhaus)創設100周年に際してドイツで開催される記念事業「バウハウス 100」の国際プロジェクト「bauhaus imaginista(=創造のバウハウス)」の一環で、日本で唯一の開催となる。

 バウハウスは、1919年にドイツのヴァイマールで設立された総合的造形芸術教育機関。設立時には絵画や彫刻、デザイン、建築に至る造形活動を手仕事の実践を重視しつつ、包括的に教えることを目的とした「バウハウス宣言」が出され、同機関の教育理念と独創的なカリキュラムはドイツ国内のみならず、インドや日本などで大きな影響を及ぼした。

 展覧会では、「バウハウス宣言」の世界的な受容と展開を日本とインドでの事例に焦点を当て紹介。当時の学生たちの習作や山脇巌・道子夫妻のバウハウス留学時の写真を納めたスクラップブック、インドとバウハウスの関係を示す資料や作品など、日本初公開の資料を含む約100点が並ぶ。このほか、スイス出身の現代美術家 ルカ・フライ(Luca Frei)や、イギリスを拠点に活動するオトリス・グループ(The Otolith Group)といった気鋭アーティストによる作品が展示される。

■「バウハウスへの応答」展(bauhaus imaginista: Corresponding With)
会期:2018年8月4日(土)~10月8日(月・祝)
時間:9:30~17:00、金・土は21:00まで
休館日:毎週月曜日(※9月17日、24日、10月8日は開館、9月18日、25日は閉館)
会場:京都国立近代美術館 4階コレクションギャラリー
住所:京都府京都市左京区岡崎円勝寺町26−1
観覧料:一般 430円/大学生 130円/高校生以下、18歳未満および65歳以上、心身に障がいのある人とその付添者1名は無料
無料観覧日:8月4日、11日、18日、25日
夜間割引:金・土17:00以降(一般 220円/大学生 70円)
公式サイト

■レクチャー&ディスカッション「バウハウスと日本」
講師:梅宮弘光(神戸大学教授)、ヘレナ・チャプコヴァー(Curatorial Researcher: Corresponding With/bauhaus imaginista)
モデレーター:本橋仁(京都国立近代美術館特定研究員)
日時:8月12日(日)14:00〜16:00
場所:京都国立近代美術館1階講堂
先着100人・聴講無料

■講演会「シャンティニケタンから建築とデザインを考え、学び、作る」
講師:佐藤研吾(In-Field Studio/歓藍社)
日時:9月22日(土)17:00〜18:30
場所:京都国立近代美術館1階講堂
先着100人・聴講無料

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング