イメージビジュアル(平野篤史)
イメージビジュアル(平野篤史)

Art

"言葉"をグラフィックやイラストで眺める展覧会が開催

イメージビジュアル(平野篤史)
イメージビジュアル(平野篤史)

 美術館と図書館の複合施設 太田市美術館・図書館で、「本と美術の展覧会vol.2『ことばをながめる、ことばとあるくーー詩と歌のある風景』」が開催される。会期は8月7日から10月21日まで。

 

 同展では「詩と歌(短歌)」をテーマに、詩人や歌人の作品をグラフィックデザイナー、画家、イラストレーターたちの作品とともに紹介。様々な視覚表現を通して言葉を眺めるといった、詩と歌の新たな鑑賞体験を提案する。会場は「詩×グラフィック」「詩×絵画」「短歌×イラストレーション」の3つから構成され、空間構成は豊嶋秀樹、ヴィジュアルデザインは平野篤史が担当。詩人 最果タヒの詩を佐々木俊、祖父江慎、服部一成の3人のグラフィックデザイナーが異なる解釈で表現した作品や、詩人 管啓次郎と美術作家 佐々木愛による詩と絵画の合作などが並ぶ。

■本と美術の展覧会vol.2「ことばをながめる、ことばとあるくーー詩と歌のある風景」
会期:2018年8月7日(火)〜10月21日(日)
会場:太田市美術館・図書館 展示室1、2、3、スロープ
開催時間:10:00〜18:00(展示室への入場は17:30まで)
休館日:月曜日(9月17日、24日、10月8日は祝休日のため開館、翌日火曜日休館)
出品作家:最果タヒ、佐々木俊、祖父江慎、服部一成、管啓次郎、佐々木愛、大槻三好・松枝、惣田紗希

最新の関連記事

おすすめ記事

見逃し記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング