Art

醤油差しから鉄道デザインまで、鈴木啓太が初個展開催

 プロダクトデザイナー 鈴木啓太の初個展「鈴木啓太の線」が、石川県金沢市にある柳宗理記念デザイン研究所で開催される。会期は8月4日から19日まで。

 

 鈴木啓太は1982年生まれ。多摩美術大学プロダクトデザイン専攻を卒業後、2012年にPRODUCT DESIGN CENTERを設立した。「ものの歴史を一歩進める堅実な革新」をテーマに、醤油差しなどの日常ツールから鉄道車両といった公共プロジェクトまで幅広い領域でデザインを手掛けている。

 鈴木は、機能的で美しい普遍的なデザインを作り上げるためにモデル制作を繰り返すプロダクトデザイナー 柳宗理のプロセスに影響を受けており、柳宗理記念デザイン研究所での個展開催に至ったという。同研究所で外部デザイナーの個展が開催されるのは今回が初めて。同展では、近作の展示をはじめ、鈴木のデザインプロセスや製品に至るまでのプロトタイプを展示。また、「線」という造形の要素をキーワードに、未来に残るものづくりを紹介する。

■「鈴木啓太の線」
会期:2018年8月4日(土)〜8月19日(日)9:00〜17:00
オープニングパーティー:2018年8月4日(土)15:00〜17:30
休館日:毎週月曜
会場:柳宗理記念デザイン研究所(石川県金沢市尾張町2-12-1)
観覧料:無料
公式サイト

■トークショー1.「線がうまれる時」
日時:2018年8月5日(日)13:00〜14:00
会場:柳宗理記念デザイン研究所 2階
出演:鈴木啓太

■トークショー2.「鈴木啓太の線」
日時:2018年8月11日(日)13:00〜14:00
会場:柳宗理記念デザイン研究所 2階
出演:鈴木啓太

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング