キーヴィジュアル

Art

アルヴァ・アアルトの巡回展が開催、体感型「アアルトルーム」も

キーヴィジュアル
キーヴィジュアル

 建築家でデザイナーのアルヴァ・アアルト(Alvar Aalto)の回顧展「アルヴァ・アアルト‐もうひとつの自然」が、国内4会場で開催される。最初の会場は神奈川県立近代美術館 葉山で、会期は9月15日から11月25日まで。

 

 同展は2014年にドイツではじまり、スペイン、デンマーク、フランスなどをこれまで巡回。アアルトの本格的な回顧展は日本では約20年ぶりで、オリジナルの図面や家具、照明器具、ガラス器、建築模型などを展示しアアルトの生涯と作品を辿る。また、神奈川県立近代美術館 葉山ではアアルトのデザインを体験できる特設コーナー「アアルトルーム /Aalto Room」を開設。メインパートナーであるアルテックと、日本巡回展のメインスポンサーであるイッタラが用意したアアルトの代表的なスツールやテーブル、アームチェアを試すことができるほか、黒田美津子の会場構成とスタイリングが体感でき、ワークショップなども予定している。

■「アルヴァ・アアルト‐もうひとつの自然」
会場:神奈川県立近代美術館 葉山
住所:神奈川県三浦郡葉山町一色2208-1
会期:2018年9月15日〜11月25日
開館時間:9:30〜17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日(9月17日、9月24日、10月8日は開館)
観覧料:一般 1,200(1,100)円/20歳未満・学生 1,050(950)円/65歳以上 600円/高校生 100円

2018年12月8日〜2019年2月3日:名古屋市美術館
2019年2月16日〜4月14日:東京ステーションギャラリー
2019年4月27日〜6月23日:青森県立美術館

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング