Fumitoshi Goto

マクドナルドのメニューが生涯無料、ゴールド・カードが賞品に

激しくウォルマートなアメリカ小売業ブログ

在米28年のアメリカン流通コンサルタント

フォローする:

■外食チェーン最大手のマクドナルドには飲食が無料で利用できる「マックゴールド・カード(The McGold Card)」がある。マクドナルドの厳格な基準で選ばれた、ほんの一部の人のみしか所有が許されない永久会員カードだ。

VIPやセレブなどマックゴールド・カードの所有者は生涯を通じてマクドナルドのメニューが無料になる。これまでビル・ゲイツ氏、投資家のウォーレン・バフェット氏、俳優のロブ・ロウ氏らが保有していることが判明している。

マックゴールド・カードにもマクドナルド本社が発行した本社仕様と一部の店舗のみ対象となるフランチャイジー仕様など種類がいくつかあり条件も異なってくるのだが、マクドナルドはマックゴールド・カードの存在さえ明らかにしていないためよくわかっていないのだ。

つまりマックゴールド・カードは幻のカードなのだ。それが遂に明らかになり、一般人でも保有できるチャンスが巡ってきた。しかもマックゴールドカードだけでなく、所有者の名前が入った純金(24金)スマートフォンケース「モバイル・マックゴールド・カード(The Mobile MacGold Card)」も進呈される。

マクドナルドは8日、マックゴールドカードが賞品になる「モバイル・マックゴールド・カード・キャンペーン(Mobile McGold Card Sweepstakes)」を発表した。

モバイル・オーダー&ペイ販促キャンペーンは8月10日~8月24日にマクドナルド専用アプリ「モバイル・オーダー&ペイ(Mobile Order & Pay)」の利用時の応募フォームにメールアドレスなどを入力して送信するだけ。応募はアメリカ国内に限られ、参加は1日1回のみとなっている。

モバイル・オーダー&ペイはスマートフォンのアプリ経由で、注文と決済を事前に済ませておくことで混雑時のレジ行列に並ぶことなく商品を受け取れるサービス。レジ待ち行列を緩和し注文ミスも回避できることで顧客ロイヤリティが高まり、店内オペレーションの合理化も図れる。

コーヒーチェーンのスターバックスやチキン・サンドウィッチチェーンのチックフィレなど一部の外食チェーンがすでに全店で展開している。マクドナルドもほぼ全店でモバイル・オーダーによるカーブサイド・ピックアップやデリバリー、ドライブスルーなどを始めている。

マクドナルドではモバイルオーダー&ペイ販促としてフライドポテトが毎週金曜日に無料となるキャンペーンやドリンクが無料となるキャンペーン(毎週火曜日&木曜日)も行っている。

トップ画像:マクドナルドの「モバイル・マックゴールド・カード・キャンペーン(Mobile McGold Card Sweepstakes)」で進呈される純金(24金)スマートフォンケース「モバイル・マックゴールド・カード(The Mobile MacGold Card)」。

マックゴールドカードが賞品になる「モバイル・マックゴールド・カード・キャンペーン(Mobile McGold Card Sweepstakes)」動画。マックゴールド・カードがいかに幻のカードであったかを強調している。

17年10月31日 - 【マクドナルド】、モバイルオーダー徹底解説!カーブサイド・ピックアップに贅沢感も?

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。いまスマートフォン1台で、電話・PC・カメラ・ビデオカメラ・ゲーム機・ウォークマン・テレビ・ラジオ・カーナビ・時計などの家電を担っています。さらにスケジュール管理手帳や新聞・雑誌・書籍等の情報媒体、エアラインチケット、さらにお財布にもなっています。スマートフォンが生活の局面で多くを担うようになっているのです。言い換えればスマホはライフスタイルのハブ(中心)でありプラットフォームになっています。買い物でも今後、大きや役割を担っていきます。初期段階としてあるのがファストフード店によるモバイルオーダーの拡大・定着です。日本でもスターバックスやマクドナルドでモバイルオーダー&ペイを始めます。そして競合他社も追随し、キャンペーン等をしかけ、定着します。事前注文・決済を覚えた日本の消費者は次に何を求めてくるか?です。それがアメリカの大手小売りチェーンが提供しているアプリ(買い物に便利な機能)にあります。
当社のIT&オムニチャネル・ワークショップでよく言うのですが、事が起こるのを待っているのではなく、起こる前に行動するということ。チャンスの神様には前髪しかありませんから...

後藤文俊

記事のタグ

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング