クリスチャン・ヤンコフスキー「Floating World」撮影:松見拓也
Image by: 京都市立芸術大学

Art

緊縛師とコラボ、クリスチャン・ヤンコフスキーの日本初個展開催

クリスチャン・ヤンコフスキー「Floating World」撮影:松見拓也
Image by: 京都市立芸術大学

 ベルリン在住の作家 クリスチャン・ヤンコフスキー(Christian Jankowski)の日本初個展「Floating World」が、京都市立芸術大学ギャラリー@KCUAで開催される。会期は9月15日から10月28日まで。

 ヤンコフスキーは1968年ドイツ・ゲッティンゲン生まれ。ハンブルク美術大学を卒業後、映像や写真、パフォーマンスを中心に芸術に限らず様々な分野のスペシャリストとコラボレーションして作品を制作している。

 京都市立芸術大学は5年後のキャンパス移転を控え、社会に開かれた芸術大学の姿を模索しているという。同展では、京都市立芸術大学出身の若手作家や学生などと制作した新作や、緊縛師とのコラボによるテストピースとそこから発展した新作を展示する。

■クリスチャン・ヤンコフスキー「Floating World」
会期:2018年9月15日(土)〜10月28日(日)
時間:11:00〜19:00(10月5日は22:00まで開館)
場所:京都市立芸術大学ギャラリー @KCUA
住所:京都市中京区押油小路町238-1
休館日: 9月18日、25日、10月1日、15日、22日
入場料:無料
電話番号:075-253-1509
公式サイト

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング