©︎AsamiKiyokawa©︎AsamiKiyokawa
©︎AsamiKiyokawa

Art

現代版"百人一首"の世界を体感、清川あさみの個展が京都で開催

©︎AsamiKiyokawa
©︎AsamiKiyokawa

 アーティストの清川あさみが、「『千年後の百人一首』原画展ー糸で紡ぐ、歌人のこころー」を京都の両足院 建仁寺山内で開催する。会期は11月21日から12月10日まで。

 

 展覧会では、清川あさみと詩人 最果タヒが百人一首をテーマにタッグを組んだ書籍「千年後の百人一首」に掲載されている原画を初公開。作品の一部は、グランマーブル祇園およびカフェ&シャンパーニュ祇園ちからに展示される。展覧会のアンバサダーには女優 南果歩を起用。展覧会の開催を記念し、「清川あさみ 百人一首かるた」と最果タヒのエッセイ集「百人一首という感情」が刊行される。

■「千年後の百人一首」原画展ー糸で紡ぐ、歌人のこころー
会期:2018年11月21日(水)〜12月10日(月)※会期中無休
会場:
・両足院 建仁寺山内
開場時間:10:00〜17:00 入場は閉門の30分前まで
観覧料:一般 1,000円、大学・中高生 800円、小学生以下無料
・グランマーブル祇園(1階)カフェ&シャンパーニュ祇園ちから(2階)
営業時間:1階11:00〜20:00、2階11:00〜19:30(L.O. 19:00)
※2階へはカフェの利用が必要。

最新の関連記事

おすすめ記事

見逃し記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング