Art

渋谷の街全体が美術館に?加賀美健らのアートが各所に出現

「Shibuya Street Museum」
Image by: 東急電鉄

 東急電鉄が、ビームスと共同で渋谷の街中にストリートアート作品を展示するイベント「Shibuya Street Museum」を開催する。期間は9月13日から10月12日まで。

 同イベントは、東急電鉄が実施している街ジャックメディア開発事業「ROADCAST」のテストマーケティングの一環。「ROADCAST」は渋谷エリアに点在する住居や店舗などの未活用壁面を同社が一括して借用し、それらをプロモーション手段として活用する事業で、新しい情報発信と街の活性化を図っている。今年7月から渋谷駅周辺の未活用壁面約30ヵ所を利用したテストマーケティングを行っており、 2019年4月までに約100ヵ所の壁面で展開することを目指す。

 今回は、 渋谷ストリーム渋谷ブリッジの開業を皮切りにはじまる渋谷まちびらきを盛り上げる企画のひとつとして、花井祐介や加賀美健、平山昌尚らストリートアーティスト10人の作品を渋谷各所に展示。街全体を美術館に見立て、渋谷の街並みと作品が融合することで生まれる新たなアート体験を提供する。またビームスは、渋谷区のシブヤ・ソーシャル・アクション・パートナーとして、まちびらきTシャツのプロデュースを手掛ける。

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング