横尾忠則《新宿泥棒日記》1968年 高松市美術館蔵 ©横尾忠則横尾忠則《新宿泥棒日記》1968年 高松市美術館蔵 ©横尾忠則
横尾忠則《新宿泥棒日記》1968年 高松市美術館蔵 ©横尾忠則

Art

横尾忠則や宇野亞喜良など、激動の1968年美術作品が集結する展覧会開催

横尾忠則《新宿泥棒日記》1968年 高松市美術館蔵 ©横尾忠則
横尾忠則《新宿泥棒日記》1968年 高松市美術館蔵 ©横尾忠則

 展覧会「1968年 激動の時代の芸術」が、千葉市美術館で開催される。会期は9月19日から11月11日まで。

 

 同展は、世界中で近代的な価値が揺らぎ始め、各地で騒乱が頻発した1968年の芸術にフォーカス。時代背景を追う「激動の1968年」、「1968年の現代美術」、演劇や実験映画、舞踏などのアンダーグラウンドを紹介する「領域を超える芸術」、もの派など1968年に台頭した新しい表現を紹介する「新世代の台頭」の4セクションで構成される。展示数は約400点で、横尾忠則や宇野亞喜良、田名網敬一、菅木志雄、磯崎新、森山大道、関根伸夫などの作品のほか、トリックアートやライトアートなどの時代の特徴的な作品も並ぶ。

 また1968年にオープンしたサイケデリックディスコの代表格「ムゲン(MUGEN)」を、ムゲンプロデューサー浜野安宏の協力を得て、マルチプロジェクションで再現したコーナーも用意される。

■1968年 −激動の時代の芸術−
会期:9月19日(水)〜11月11日(日)
開館時間:日〜木曜日 10:00〜18:00/金・土 10:00〜20:00
休館日:10月1日(月)、11月5日(月)
会場:千葉市美術館
住所:千葉市中央区中央3-10-8
公式サイト

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング