Business

国内スノーボード業界初、バートンジャパンが新ゼネラルマネージャーに女性を起用

須川尚美氏

 バートンジャパンが、9月30日付の人事で須川尚美氏をゼネラルマネージャーに任命した。同職に女性が起用されるのは国内スノーボード業界としても初となる。

 須川氏は、2005年に同社にファイナンスディレクターとして入社後、社長代理やテクニカルオペレーションチーム、トップを経験。2016年からはバイスプレジデントを務めている。

 長年の業績への評価に加え、女性ならではの視点やリーダーシップへの期待の高まりからゼネラルマネージャーに任命された須川氏は「これまでの経験や女性としての強みを活かしながら、バートンカルチャーに根付くワクワクするような革新的挑戦を幅広い世代へ提供し、さらなるブランドの成長へ貢献したいと思います」とコメント。なお、現在の日本の代表者でアジア太平洋地域におけるシニア・バイス・プレジデントを兼任するクレイグ・アラン・スミス氏は今後、米バートンにてインターナショナル地域を統括する。アジア近隣諸国からのインバウンド需要への対応強化を目指し、須川氏と協働していく。

 バートンのCEOであるドナ・カーペンター氏は「須川氏がバートンジャパンのゼネラルマネージャーに昇進することを光栄に思います。彼女はアジア太平洋地域における企業財務の分析及び予測を強化し、バートン韓国を子会社として設立、さらに東京オフィスのさまざまな部門を率いています。彼女の経験と視点・展望は、私たちグローバルエグゼクティブチームにとっても貴重なものとなるでしょう」と期待を示している。

■公式サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング