無印良品 銀座/MUJI HOTEL GINZA 外観イメージ
Image by: 良品計画

Lifestyle

国内初出店「MUJI HOTEL」の開業日が決定、世界旗艦店が同時オープン

Update:

【2019年3月19日追加】3月20日(水)から MUJI HOTEL公式ウェブサイトにて宿泊予約を開始する。

無印良品 銀座/MUJI HOTEL GINZA 外観イメージ
Image by: 良品計画

 良品計画が展開する国内初の「MUJI HOTEL GINZA」の開業日が、2019年4月4日に決定した。また、同じビル内に飲食業態「MUJI Diner」を併設した世界旗艦店「無印良品 銀座」が同時オープンすることも発表された。

 中国の深圳北京に続く3店舗目で日本初出店となる「MUJI HOTEL GINZA」と「無印良品 銀座」が入居するビルは、銀座3丁目エリアに立地。「無印良品 銀座」は地下1階から地上6階、「MUJI HOTEL GINZA」は上層階となる6階から10階に展開される。

 「MUJI HOTEL GINZA」のフロントは6階に設置。また複合的なデザイン文化の発信基地「ATELIER MUJI GINZA」として、ものづくりやデザインにまつわる様々なテーマで展示を企画する2つの「Gallery」や、コーヒーと酒を飲みながら人が語らい集う「Salon」、デザイン・アート関連の書籍を揃える「Library」、トークイベントやワークショップを開催する「Lounge」を同フロアに導入し、交流の場を創出する。7~10階には全79室の客室が用意される。

 地下1階から地上6階に入居する「無印良品 銀座」では、食に関する商品やサービスを拡充。地上1階では、東京近郊の農家との繋がりによる産地直送をテーマとした青果や、新鮮なフルーツを使ったジュースやデザートを販売する。また、その場で食べられるカウンターを設置。グリーンティーやルイボスティーなどの茶葉と、スパイスやフルーツを組み合わせることができるお茶の量り売りサービスを導入する予定だ。地下1階では「素の食」をテーマにするレストラン「MUJI Diner」を展開。旬の魚介、肉料理、ジビエなどを使った料理に加えてサラダカウンターを設置する。

 また、2001年にオープンした「無印良品 有楽町」の閉店を同時に発表。今年12月2日まで営業する。有楽町店の閉店後となる12月12日からは約3ヶ月間にわたり、有楽町店と銀座店の間に位置するマロニエゲート銀座2の1階にポップアップストアを出店。無印良品による暮らしの基幹アイテムを中心に販売するほか、銀座店で提供する新サービスを紹介する予定だ。

■無印良品 銀座
オープン日:2019年4月4日(木)予定
住所:東京都中央区銀座3丁目103番3、4、6、14、15、21、40
フロア構成:地下1階~地上6階
MUJI Diner: 118席(地下1階)
公式サイト

■MUJI HOTEL GINZA
宿泊予約開始日:2019月3月中旬
フロア構成:6~10階
客室構成:全79室、13.62平方メートル~51.62平方メートル
レストラン:44席(6階)
公式サイト

■MUJI POP-UP STORE マロニエゲート銀座(仮称)
期間:2018年12月12日(水)~2019年3月下旬
場所:マロニエゲート銀座2 1階
住所:東京都中央区銀座3-2-1

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング