バンクシーの公式インスタグラムより

Art

バンクシーの作品が落札直後に切り刻まれる

Update:

【10月13日追加】作品は新たに「愛はゴミ箱の中に」と名付けられ、バンクシーの代理として作品の認証を行う団体「ペスト・コントロール(Pest Control)」が証明書を発行。落札者は、落札価格と同額で購入の手続きを進めているという。10月13日、14日の2日間限定でロンドンにあるサザビーズのギャラリーで一般公開されている。

バンクシーの公式インスタグラムより

 ロンドンで10月5日に開催されたサザビーズ(Sotheby's)のオークションで、覆面アーティスト バンクシー(Banksy)の作品「赤い風船に手を伸ばす少女」が落札と同時にシュレッダーで裁断される一幕があった。

— ADの後に記事が続きます —

 「赤い風船に手を伸ばす少女」は、今回のオークションで140万ドル(約1億5,000万円)で落札。作品はオークショニアがハンマーを叩いた瞬間、シュレッダーで切り刻まれながら額縁の外へと自動的に動き始め、会場内は騒然となった。バンクシーは、オークションに出品される日が来た時に起動するため額縁にシュレッダーを取り付ける様子や、オークション中に作品が裁断される様子などを収めた動画を公式インスタグラムに投稿。投稿には「The urge to destroy is also a creative urge(破壊衝動は創造的な衝動である)」といったピカソの言葉が添えられている。

【関連記事】
バンクシーが無断で設置した洞窟壁画が大英博物館の公式展示品に
バンクシーの作品をマップ付きで紹介する書籍発売

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング