Art

東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館が長期休館、2020年春に移転オープン

新美術館外観イメージ
Image by: 公益財団法人損保ジャパン日本興亜美術財団

 40年超の歴史を持つ東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館が2019年9月30日から長期休館し、2020年春に移転リニューアルオープンすると発表した。

— ADの後に記事が続きます —

 同美術館は1976年7月、新宿の損保ジャパン日本興亜本社ビル42階に開館。ルノワールやピカソ、東山魁夷といった著名な画家の作品を約620点所蔵しており、近年は芸術振興と国際交流を目的とした特別展や企画展の開催に努めてきた。

 移転先は損保ジャパン日本興亜本社ビルの隣接地。敷地面積は約576平方メートルで、地下1階から地上6階までの7フロア構成を予定している。名称も変更するという。

■東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館
住所:東京都新宿区西新宿1−26−1 損保ジャパン日本興亜本社ビル42階
電話番号:03-5777-8600
開館時間:10:00〜18:00
休館日:月曜日(祝日・振替休日の場合は開館)、展示替期間、年末年始

■新施設概要
オープン日:2020年5月(予定)
所在地:東京都新宿区西新宿1−26−1
敷地面積:576.37平方メートル
延床面積:3,956.16平方メートル


記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング