平成を彩ったビューティートレンド変遷
平成を彩ったビューティートレンド変遷
Image by: 資生堂

Beauty 動画

とさかヘアからナチュ太眉まで、資生堂が平成のビューティートレンドを再現した動画を公開

平成を彩ったビューティートレンド変遷
平成を彩ったビューティートレンド変遷
Image by: 資生堂

 資生堂が、平成30年間のビューティートレンドを辿った1分動画を公開した。

— ADの後に記事が続きます —

 資生堂は、ヘアメイクのトレンドを調査・分析・予測する「ビューティートレンド研究」を1987年から行っており、その一環として東京、上海、ソウル、ニューヨーク、パリの5都市でメーキャップとヘアスタイルに関する街頭調査を年に2回実施している。今回公開した動画では、研究チームのリーダーである資生堂トップヘアメーキャップアーティストの鈴木節子が、長年の街頭調査から得た知見をもとに、平成の時代背景や女性意識とともにビューティートレンドについてまとめた。

 バブルの絶頂期を迎えた平成元年〜5年は、真っ赤なローズピンクの口紅とほんのりとしたローズやパープル系の目元で演出する女性らしいメイクと前髪を立たせた「とさかヘア」で時代を表現。バブル崩壊後の平成6~10年は、スーパーモデルブームなどによる茶髪、細眉、小顔メイクといった流行を再現した。また、2000年代に入った平成11~15年は「ギャル文化」、不況や格差が深刻化した平成16~20年は婚活ブームによる「女子力高めの盛りメイク」、東日本大震災を挟んだ平成21~25年は「ゆるふわ癒し系大人カワイイ女子」など、各時代に起こった出来事がビューティートレンドにも反映。好景気への期待が高まった平成末期はバブル期を想起させる「ナチュ太眉」や赤リップ、シースルーバングなどの人気が再燃したとまとめている。なお、平成後のヘアメイクトレンドについては、「○○系」といったカテゴリーにとらわれない多様な価値観を楽しむ傾向が広がるとともにヘアメイクも個性を際立てる「パーソナライズ化」が加速し、表現の幅や選択肢が広がると予測している。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング