キービジュアル
Image by: (C)Kishin Shinoyama

Culture

篠山紀信が安藤忠雄建築「光の美術館」で撮影した新作を展示

キービジュアル
キービジュアル
Image by: (C)Kishin Shinoyama

 篠山紀信による「"光の情事" ── 篠山紀信 展」が、清春芸術村の光の美術館で開催される。会期は11月17日から2019年1月27日まで。

 

 光の美術館は、スペインのアーティストであるアントニ・クラーベのアトリエに着想を得て、安藤忠雄が設計を手がけつくられた美術館。人工照明が一切なく、自然光のみで作品を観賞することができる。同展では光の美術館を舞台に、モデルの平塚千瑛ら2人とマネキンを使って制作した新作を展示する。

■「光の情事」── 篠山紀信 展
会期:2018年11月17日(土)〜2019年1月27日(日)
会場:光の美術館(清春芸術村)
住所:山梨県北杜市長坂町中丸2072
開館時間:10:00〜17:00(入館は16:30まで)
休館日:年末年始、月曜日(祝日の場合は翌平日休み)
入館料:
一般 1,500円(1,400円)
大高生 1,000円(900円)
※清春白樺美術館、光の美術館入館料を含む
※()内は20名以上の団体料金

最新の関連記事

おすすめ記事

見逃し記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング