「メルカリ カウル」公式サイトより

Business

本やCDに特化したフリマアプリ「メルカリ カウル」が終了、メルカリに一本化

「メルカリ カウル」公式サイトより

 メルカリグループのソウゾウが11月2日、本やCDに特化したフリマアプリ「メルカリ カウル」のサービスを12月17日をもって終了すると発表した。

 メルカリ カウルは2017年5月にサービスを開始。本やCD、DVD、ブルーレイ、ゲームといった「エンタメ・ホビー」カテゴリに特化し、取引数は今年9月時点で前年同月比170%を超えるなど順調に成長してきた。特に、バーコードを読み取るだけで、タイトルや著者、アーティスト名、発売日、定価などの商品情報が自動で入力されるほか、過去の取引傾向から売れやすい価格が自動で提案される「バーコード出品」が好評を得て、今年6月にメルカリにも同様の機能を追加。機能の大部分がメルカリで利用できるようになったことで、サービスをメルカリに一本化することなったという。メルカリ カウルを通じて出品された商品は、引き続きメルカリで利用できる。

■メルカリ カウル:公式サイト

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング