原美術館 外観
Image by: 原美術館

Art

原美術館が2020年末に閉館、築80年の建物の老朽化で

原美術館 外観
Image by: 原美術館

 アルカンシエール美術財団が運営する東京都品川区の原美術館が、2020年12月末をもって閉館する。これに伴い、群馬県渋川市の「ハラ ミュージアム アーク」を2021年から「原美術館アーク(ARC)」に改名し、主要な活動拠点として引き続き営業する。

 原美術館は1979年に開館。1938年に竣工した現理事長の原俊夫氏の祖父で実業家 原邦造氏の邸宅を再利用する形で運営しており、現代美術の専門美術館として、1年に3、4回展覧会を開催しているほか、講演会や音楽、パフォーマンスといった各種イベント、ワークショップなどの教育プログラムを実施している。

 閉館の主な理由は、竣工から80年が経過している建物の老朽化。創業以来美術館運営のために必要な改修や増築を行ってきたが、公共の施設としてユニバーサルデザインやバリアフリーの観点でも問題があるという。建て替えにも法規制における厳しい制約がかかるといった状況を鑑みた結果、活動拠点を原美術館アークに集約させることを決定した。

 

■原美術館:公式サイト

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング