PENETRABLE BBL BLEU 1999年, ed. Avila 2007 PVC (ポリ塩化ビニル)、金属 PVC, metal © Adagp, Paris 2018.

Art

ヘスス・ラファエル・ソトの展覧会がエスパス ルイ・ヴィトン東京で開催、空間を覆う作品を展示

PENETRABLE BBL BLEU 1999年, ed. Avila 2007 PVC (ポリ塩化ビニル)、金属 PVC, metal © Adagp, Paris 2018.
PENETRABLE BBL BLEU 1999年, ed. Avila 2007 PVC (ポリ塩化ビニル)、金属 PVC, metal © Adagp, Paris 2018.

 表参道のエスパス ルイ・ヴィトン東京で、アーティストのヘスス・ラファエル・ソト(Jesus Rafael Soto)によるインスタレーション作品「Pénétrable BBL Bleu」を紹介する展覧会が開催される。会期は12月7日から2019年5月12日まで。

 ヘスス・ラファエル・ソトは1923年ベネズエラ出身。1942年から1947年までカラカスの造形美術学校で学び、ベネズエラ・マラカイボの美術学校の校長を経て1950年にパリに移住した。1955年にはマルセル・デュシャン(Marcel Duchamp)やアレクサンダー・カルダー(Alexander Calder)、ヴィクトル・ヴァザルリ(Victor Vasarely)らとともにギャルリー・ ドゥニーズ・ルネでの「Le Mouvement(運動)」展に参加。1960年代後半に錯覚性を特徴とする作品群を発表し、キネティック彫刻や大規模な視覚的インスタレーションを牽引するアーティストとして知られるようになった。2005年にパリで逝去。

 今回公開される「Pénétrable BBL Bleu」は、パリのフォンダシオン ルイ・ヴィトン(Fondation Louis Vuitton)に所蔵されている同氏のコレクションの中でも象徴的な作品とされている。鑑賞者は空間を覆うインスタレーションの中を通り抜けることで、作品の動的かつ視覚的な作用に没入することができるという。

■エスパス ルイ・ヴィトン東京
住所:東京都渋谷区神宮前5-7-5 ルイ・ヴィトン 表参道店 7階
開館時間:12:00〜20:00
休館日:ルイ・ヴィトン表参道店に準ずる
※入場無料

■問い合わせ先
ルイ・ヴィトン クライアントサービス 0120-00-1854

最新の関連記事

おすすめ記事

見逃し記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング