東京ディズニーランドの大規模開発
Image by: オリエンタルランド

Business

「ベイマックスのハッピーライド」や「ミニーのスタイルスタジオ」など、東京ディズニーランドで2020年春開業予定の施設名称が発表

東京ディズニーランドの大規模開発
東京ディズニーランドの大規模開発
Image by: オリエンタルランド

 オリエンタルランドが東京ディズニーランド® 大規模開発において、2020年春に開業予定の新しい施設の名称を発表した。

 同プロジェクトは東京ディズニーランド内の7つのテーマランドのうち「ファンタジーランド」「トゥモローランド」「トゥーンタウン」の3つにまたがる開発面積約4万7,000平方メートルに、大型アトラクションや全天候型エンターテイメントシアター、レストラン、商品店舗などの新施設を設ける計画。総投資額約750億円をかけて導入するという。

 「ファンタジーランド」のエリアでは、ディズニー映画「美女と野獣」をテーマに、劇中の曲に合わせて踊るように動く高さ約30mの大型アトラクション「美女と野獣"魔法のものがたり"」や、商品店舗「ビレッジショップス」、レストラン「ラ・タベルヌ・ド・ガストン」がオープン。また、東京ディズニーランド初となる本格的な屋内シアター「ファンタジーランド・フォレストシアター」を開設する。

 「トゥモローランド」ではディズニー映画「ベイマックス」をテーマに、ケア・ロボットが引っ張るライドが予測不能な動きをするアトラクション「ベイマックスのハッピーライド」や、宇宙をテーマにしたポップコーン専門ショップ「ビッグポップ」などが登場。「トゥーンタウン」には、東京ディズニーランドでは初となるミニーマウスと会えるキャラクターグリーティング施設「ミニーのスタイルスタジオ」を展開する。

 なお、東京ディズニーシーでは東京ディズニーランドに続き、2022年度中に拡張エリアの開業を予定している。

最新の関連記事

おすすめ記事

見逃し記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング