Art

原研哉、隈研吾、佐藤卓らの原画が掛軸に、松屋銀座のギャラリーで展示販売

メインヴィジュアル
メインヴィジュアル

 日本デザインコミッティーが、第750回デザインギャラリー1953企画展「掛軸の楽しみ」を松屋銀座7階デザインギャラリー1953で開催する。会期は12月27日から2019年1月21日まで。

 「掛軸の楽しみ」では、日本デザインコミッティーのメンバーがそれぞれの手法で制作した原画を掛軸に仕立てた作品を展示する。主な参加メンバーは原研哉、平野敬子、隈研吾、松永真、永井一史、永井一正、内藤廣、佐藤卓など。入札形式による販売も行い、最低入札価格は年号にちなみ2万190円としている。

■第750回デザインギャラリー1953企画展「掛軸の楽しみ」
会期:2018年12月27日(木)~2019年1月21日(月)
会場:松屋銀座7階デザインギャラリー1953
営業時間:10:00〜20:00 ※最終日17時閉場
入場料:無料
展覧会担当:永井一史
参加者:原研哉、平野敬子、伊藤隆道、柏木博、川上元美、喜多俊之、北川原温、小泉誠、隈研吾、黒川雅之、松本哲夫、松永真、面出薫、三谷龍二、永井一史、永井一正、内藤廣、新見隆、佐藤卓、須藤玲子、鈴木康広、田中俊行
日本デザインコミッティー公式サイト

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング