Art

向井山朋子が銀座エルメスで"時差"のあるピアノパフォーマンス披露、展覧会「ピアニスト」開催

Portrait|Photo by Shinji Otani. Styling by Yasuhito Shoji.
「ピアニスト」向井山朋子展
Image by: ©Shinji Otani

 銀座メゾンエルメス フォーラムで、オランダ・アムステルダムに拠点を置くアーティストの向井山朋子による展覧会「ピアニスト」が開催される。入場無料で、会期は2019年2月5日から2月28日まで。

 向井山はピアニストとして国際的に活動するほか、自ら振付や演出を行う舞台作品やアートインスタレーションを発表するなど多岐にわたって活動している。音楽が演奏される空間とそれに関わる演奏者や観客が音楽をどのように受け止め、その空間を知覚するかという自身の問いに対し、1人の観客のためのコンサートや舞台上に鑑賞者が上がることで成立するパフォーマンスなど、従来の形式にとらわれない制作を通じて追求している。

 展覧会ではピアノのパフォーマンスをベースとした演奏を毎日約50~120分ずつ行い、ギャラリー会場はその前後の1時間を含めた4時間だけオープンする。スタート時間は1日1時間ずつずらし、24日間の会期を終えた時に元の時間に戻るように設定。意図的に時差を取り入れることで非日常的な時間を創出し、観客を「ピアニスト」のインスタレーションの一部として引き込むという。

■「ピアニスト」向井山朋子展
会期:2019年2月5日(火)〜2月28日(木)
※開館時間は日程により異なる
会場:銀座メゾンエルメス フォーラム
住所:東京都中央区銀座 5-4-1 8階
公式サイト

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング