デザイン画 ©江角泰俊

Fashion

「エズミ」デザイナー江角泰俊、能と現代音楽が融合した舞台作品に衣裳提供

デザイン画 ©江角泰俊

 「エズミ(EZUMi)」を手掛けるファッションデザイナーの江角泰俊が、舞台芸術創造事業「日本・ハンガリー国交樹立150周年記念 くちづけ~現代音楽と能~」の舞台衣裳を担当する。同氏が舞台芸術作品に衣裳を提供するのは今回が初めてで、デザイン画が初公開された。

 同事業は日本とハンガリーの国交樹立150周年を記念したもので、現代音楽と能の要素を盛り込んだ舞台芸術作品を発表。衣裳は原作のタイトルでもある「絹」をイメージし、レースを施した大きな襟やプリーツをあしらった袴スカートが取り入れられている。公演は3月9日に東京文化会館 小ホールで開催される。

■舞台芸術創造事業 日本・ハンガリー国交樹立150周年記念「くちづけ~現代音楽と能~」
日時:2019年3月9日(土)16:00開演(15:30開場)
会場:東京文化会館 小ホール
東京文化会館公式サイト

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング