Art

銀座の街全体が主体となった映画コンテスト「ギンザ・ショートフィルム・コンテスト」が初開催、審査員に別所哲也ら起用

キーヴィジュアル Image by ギンザ・ショートフィルム・コンテスト
キーヴィジュアル
Image by: ギンザ・ショートフィルム・コンテスト

 銀座通連合会、ギンザ インターナショナル ラグジュアリー コミッティ(以下、GILC)、全銀座会による初の映画コンテスト「ギンザ・ショートフィルム・コンテスト(GINZA SHORT FILM CONTEST)2019」が2月22日の今日、作品の公募を開始した。募集期間は4月26日まで。

— ADの後に記事が続きます —

 銀座通連合会は銀座の商店街組織で、全銀座会は自治体組織や組合など34団体が参加している銀座地域全体の意思決定機関。GICLは、「シャネル(CHANEL)」や「ブルガリ(BVLGARI)」「カルティエ(Cartier)」など24ブランドが参加し、銀座地域の認知向上と活性化を目的とした活動を行っている。

 同コンテストは、伝統を守りながら新しい文化を形成し続けている銀座の街全体が一体となり運営。次世代を担う才能を発掘し、国内外に発信することで、銀座の価値向上に努めるという。第1回は「型やぶり」をテーマに、タイトルとエンドクレジットを含めた5分以内の作品を、年齢やプロ、アマチュアを問わずに募集。最優秀作品に選出された作品には、200万円の賞金が贈られる。授賞式は5月下旬の予定だ。

 審査員は俳優の別所哲也と映画監督の中野裕之、銀座通連合会の谷澤信一理事長、GILC三木均代表ら複数のメンバーで構成。また、第1回のプロモーションムービーおよびキーヴィジュアル、タイトルには、書道家の万美による文字を採用した。

■ギンザ・ショートフィルム・コンテスト 2019
募集スケジュール:2019年2月22日(金)〜4月26日(金)18時まで※郵送の場合は26日必着
選考期間:5月1日(水)〜5月中旬
授賞式:5月下旬(予定)
応募資格:年齢不問/プロ・アマチュアは問わない
応募規定:実写、アニメーション、CGなど分類は問わない/テーマ「型やぶり」の要素を盛り込んだものであること
映像の尺:タイトル、エンドクレジットを含め総尺5分以内
公式サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング