メインヴィジュアル
Image by: 市原湖畔美術館

Art

「更級日記」から着想した展覧会が市原湖畔美術館で開催、今日マチ子や光浦靖子ら12組のアーティストが参加

メインヴィジュアル
Image by: 市原湖畔美術館

 市原湖畔美術館で、古典「更級日記」に着想を得た12組のアーティストによるグループ展「更級日記考ー女性たちの、想像の部屋」が開催される。会期は4月6日から7月15日まで。

 「更級日記」は、平安時代中期に当時13歳だった菅原孝標女が市原市で綴り始めた日記とされ、菅原が宮仕えや結婚を経て夫と死別するまでの約40年を記録している。同展には漫画家の今日マチ子をはじめ、芸人 光浦靖子や映像作家UMMMI.、美術家 荒神明香、アーティスト 矢内原美邦らが参加。個人的な表現でありながら他者や世界と繋がり、日々の記録から創造に発展する可能性を秘めた日記的表現を出発点に、デザインや漫画、お笑い、ダンスといった多様な分野からそれぞれの想像を覗き込むような展示にするという。

■更級日記考ー女性たちの、想像の部屋
会期:2019年4月6日(土)〜7月15日(月・祝)
会場:市原湖畔美術館
住所:千葉県市原市不入75-1
開館時間:平日 10:00〜17:00/土・休日前 9:30〜19:00/日・祝日 9:30〜18:00(入館は閉館時間の30分前まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
入場料:一般800円、大高生・シニア(65歳以上)600円、中学生以下・障害者手帳持参でその介添者1人無料(20人以上の団体は100円引き)。
公式サイト

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング