「アキレスとアガメムノンの口論」エラルート・デ・ライレッセ (1640-1711)、ベルギー、油絵・キャンバス、H 3000mm x W 2140mm「アキレスとアガメムノンの口論」エラルート・デ・ライレッセ (1640-1711)、ベルギー、油絵・キャンバス、H 3000mm x W 2140mm
「アキレスとアガメムノンの口論」 エラルート・デ・ライレッセ (1640-1711)、ベルギー、油絵・キャンバス、H 3000mm x W 2140mm

Art

「ドリス ヴァン ノッテン」青山店10周年を記念した展覧会を3日間限定で開催

「アキレスとアガメムノンの口論」エラルート・デ・ライレッセ (1640-1711)、ベルギー、油絵・キャンバス、H 3000mm x W 2140mm「アキレスとアガメムノンの口論」 エラルート・デ・ライレッセ (1640-1711)、ベルギー、油絵・キャンバス、H 3000mm x W 2140mm
「アキレスとアガメムノンの口論」 エラルート・デ・ライレッセ (1640-1711)、ベルギー、油絵・キャンバス、H 3000mm x W 2140mm

 「ドリス ヴァン ノッテン(DRIES VAN NOTEN)」が、青山店のオープン10周年を記念した展覧会「INTERPRETATIONS, TOKYOー17世紀絵画が誘う現代の表現」を原美術館で開催する。会期は3月29日から31日までの3日間。

 青山店は2009年に旗艦店としてオープン。店内には、17世紀のヨーロッパ美術の巨匠エラルート・デ・ ライレッセ(Gerard de Lairesse)による2枚の絵画とともに、蜷川実花や堂本右美らが同作品に現代的な解釈を落とし込んだモノクロームの作品などが展示されている。

 展覧会では、店舗に飾っているエラルートや蜷川らの作品計6点を展示。このほか、安野谷昌穂や石井七歩、佐藤允といった若手アーティストが店舗で展示されている作品を再解釈し制作した作品が並ぶ。

■INTERPRETATIONS, TOKYOー17 世紀絵画が誘う現代の表現
会期:2019年3月29日(金)〜3月31日(日)
会場:原美術館
住所:東京都品川区北品川4-7-25
開館時間:11:00〜17:00(日曜日のみ20:00まで、最終入館時間は閉館時刻の30分前)
入場料:一般1,100円、大高生700円、小中生500円、(原美術館メンバーは無料、学期中の土曜日は小中高生の入館無料、20名以上の団体は1人100円引)
公式サイト

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング