「キューコン」外観
Image by: キューコン

Culture

スケーターによる新プロジェクト「キューコン」が始動、フラグメントとのコラボアイテムも

「キューコン」外観
Image by: キューコン

 エビセン スケートボード(Evisen Skateboards)とタイトブース プロダクション(TIGHTBOOTH PRODUCTION)を主宰するスケートボーダー南勝巳や上野伸平(KINARI)らが企画運営に携わるスケーターによる新たなプロジェクト「キューコン(Qucon)」が始動する。3月23日に同名の施設が虎ノ門エリアにオープンする。 

 キューコンの運営には南と上野のほか、空間デザインからファッションブランドまで幅広く手掛けるデザイナーの横川直樹らが参加。スケートボードのカルチャーを中心に、クリエイティブが生まれる場所として展開する。

 施設は西新橋2丁目の虎ノ門ヒルズ付近に位置し、屋内の敷地面積は約140平方メートル。屋外に約130平方メートルのスケートボードを楽しむことができる広場を設置し、店内にはラウンジやディスプレイスペースなどを用意する。今後、ポップアップイベントの開催を予定しているという。

 オープンを記念して、オリジナルTシャツ(6,000円)や藤原ヒロシによる「フラグメント(fragment design)」とのコラボレーションアイテムなどを発売。コラボでは、フーディー(1万5,000円)やTシャツ(7,000円)、スケートボード(1万1,000円/全て税込)をラインナップする。店頭でオープンと同時に販売し、公式サイトでは26日から取り扱う。詳しい販売方法は、同サイトで告知される。

■キューコン
オープン日:2019年3月23日(土)
住所:東京都港区西新橋2-19-5 カザマビル1階
施設屋内面積:約140平方メートル
屋外パーク面積:約130平方メートル
営業時間:11:00〜20:00
休業日:不定休
電話番号:03-6402-4195(3月23日開通)
公式サイト

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング