"AQUAメイク"を施すRMKクリエイティブディレクターKAORI
Image by: FASHIONSNAP.COM

Beauty Promotion

「RMK」アンリアレイジのショーでみせた"AQUAメイク"、ブルーアイテムでクールなみずみずしさを表現

"AQUAメイク"を施すRMKクリエイティブディレクターKAORI
Image by: FASHIONSNAP.COM

 「RMK(アールエムケー)」が、2月26日パリで行われたファッションウィークで「アンリアレイジ(ANREALAGE)」2019−20年秋冬コレクションのバックステージメイクを担当した。両者のコラボレーションは、同じくパリで9月に発表した2019年春夏コレクション、10月に東京で開催された「A LIGHT UN LIGHT COLLECTION」に次ぐ3度目。

 コレクションではシーズンテーマ「DETAIL」には"細部を着る"という意味が込められ、拡大された定番服の一部分が新たな解釈で服となり、ユニークなコレクションを構成した。RMKはクリエイティブディレクターKAORIによる監修のもと、6人のアーティストチームによるメーキャップでテーマを表現。前回の"立体メイク"とは違ったニュアンスの、よりみずみずしくクールな"AQUAメイク"を国籍や肌のトーンが異なる10人のモデルに施し、ショーをサポートした。

今回のメイクルックを再現できるアイテム(写真左から「CCジェルクイックグロー」「Wトリートメントオイル」「グロースティック」「リップジェリーグロス 03,11」)

 ベースとなる素肌作りのキーアイテムとなるのは、ジェルテクスチャーが特徴のRMK初のCCクリーム「CCジェルクイックグロー」。そして、透明感を引き出すポイントメイクとしてブルー系のRMK AW 2017 コレクションで限定発売した「イレジスティブル グローリップス TH-02(ベビースカイ)」、ハイライトにはブルーパールを織り込んだ「グロースティック」(バックステージ専用非売品)などを使用した。2015年に発売され、RMKが人気の火付け役となったブルーのリップアイテムは、唇のくすみや赤みを抑え透明感を出す効果がある。

 ショーで発表されたのは全27ルック。加茂克也がハンドメイドで制作したヘッドピースと繊細で透明感のあるメイクが融合し、特徴的なコレクションを引き立てた。

 デザイナーの森永邦彦は「細部への徹底的な拘りは、アンリアレイジの服づくりの信念とも重なる」と話しており、KAORIは「コンセプチュアルでウェアラブルな点が両ブランドに共通しているものだと感じている」と互いの印象についてコメント。アンリアレイジのショーのバックステージメイクを手がけるのは3度目となるが、アーティストチームの一人は「前回のパリや東京で経験を積んで、それぞれの表現力や現場での対応力が上がっていることを感じる」と手応えを語った。なお、RMKは3月19日に東京で行われるアンリアレイジのショーでもメイクを担当することが決まっている。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング