資生堂とアリババグループが共同開発した「アクエア」のシャンプー
Image by: 資生堂

Beauty

資生堂がアリババグループと戦略業務提携、中国市場向けに商品を共同開発

資生堂とアリババグループが共同開発した「アクエア」のシャンプー
Image by: 資生堂

 資生堂は、世界最大手Eコマース企業の一つであるアリババグループ(Alibaba Group Holding Limited)と強固な戦略的パートナーシップの実現を目的に戦略業務提携を3月31日付で締結したと発表した。これに合わせて、中国浙江省・杭州のアリババグループ本社の近隣に提携業務に特化した「資生堂×アリババ戦略連携オフィス」を新設。アリババグループとの戦略連携オフィスを開設するのは日本企業および全世界の化粧品会社で初の試みになるという。

— ADの後に記事が続きます —

 今回の戦略業務提携を通じて、資生堂の研究開発力とアリババグループが持つビッグデータや消費者インサイトを融合することで、資生堂は商品開発やブランドマーケティング、Eコマース、CRM(顧客関係管理)などの幅広い領域を強化する。また、中国市場向けの新商品開発や、中国の消費者のニーズに適したサービス提供を行い、若年層などの新たな顧客層の獲得を目指す。

 共同開発商品第1弾として、ヘア・ボディケアブランド「アクエア(AQUAIR)」からシャンプーとトリートメントをアリババグループの「天猫(Tmall)」で9月から独占販売する。アリババグループの天猫新商品開発センターと連携し、7億人近くの消費者のビッグデータを活用して開発。両社は今後、共同開発する商品を拡充し、アライアンスを強化する。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング