プロに転向した川内優輝選手
プロに転向した川内優輝選手
Image by: FASHIONSNAP.COM

Sports

アシックスがマラソン川内優輝選手とアドバイザリースタッフ契約、販促活動に参加

プロに転向した川内優輝選手 Image by FASHIONSNAP.COM
プロに転向した川内優輝選手
Image by: FASHIONSNAP.COM

 アシックスジャパンが、プロランナー川内優輝選手とアドバイザリースタッフ契約を締結した。4月2日の今日、日比谷公園内の「スポーツステーション&カフェ(SPORTS STATION & CAFE)」で開催された発表会では、川内選手のほか、アシックス取締役 スポーツマーケティング統括部長 松下直樹氏が登壇した。

 川内選手は1987年生まれ。大学卒業後は実業団に所属せず埼玉県庁に入庁し、埼玉県立春日部高等学校定時制事務職員として勤務しながらトレーニングに励み、市民ランナーとして東京マラソンや世界陸上などの大会に参加してきた。昨年4月のボストンマラソンでは優勝に輝き、帰国時の囲み取材で今年3月をもって埼玉県庁を退職し、プロに転向すると発表。4月1日付であいおいニッセイ同和損害保険の所属選手となった。

 今回の契約は、川内選手が過去の大会で同社製のシューズを着用していたことや、同氏の「競うだけではない走る楽しさを伝えたい」という思いに共感したことから実現した。契約締結日は4月1日。同社はシューズやスポーツアパレルを川内選手に提供し、川内選手は商品開発におけるアドバイスや、広告・カタログといった販促活動に協力していくという。

 川内選手は「アシックス製品は大学時代から着用してきました。過去3回の世界陸上出場時は日本代表のオフィシャルウェアでもお世話になっています。プロランナーという新しい道への挑戦をサポートしていただけることを大変嬉しく思います」と喜びを語った。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング