Image by: 令和

Culture

新元号を冠した雑誌「令和」が施行日の5月1日に発売、ちゃんもも◎や小林健太などが寄稿

Image by 令和
Image by: 令和

 新元号を冠した雑誌「令和」が施行日の5月1日に刊行される。価格は税込2,200円。公式サイトのみで取り扱われる。

— ADの後に記事が続きます —

 同誌は、30年後に今の本音を届けるための遺書集として企画。ちゃんもも◎、小林健太中島晴矢、東信俉、稲葉あみ、としくにらクリエイター28人によるエッセイのほか、特集「僕たちは、どう生きたか。」を掲載する。責任編集は、写真家の石田祐規と台湾在住のデザイナー増田捺冶が務めた。

 石田は平成元年生まれで、渋谷を拠点としたクリエイター集団「渋家(シブハウス)」のコアメンバーとして、美術や音楽、演劇、ファッションなど、幅広いジャンルの写真を撮影。これまでに「完全犯罪」「大満足」などのZINEを刊行してきた。現在はクリエイティブカンパニー渋都市に所属し、写真家兼ネットワーカーとして活動。石田は雑誌「令和」について「30年前の雑誌を見たときのような感動を30年後に持っていくために、タイムマシンのような、ノアの箱舟のような雑誌にしました」とコメントしている。

 予約販売をスタートした4月1日時点で初版100冊が完売しており、5月1日の施行日の刊行に向けて100冊の増刷が決定している。今後、不定期での刊行を予定している。

■雑誌『令和』
発売日:2019年5月1日発送
責任編集:石田祐規、 増田捺冶
執筆者:東信伍、 石田祐規、 小林健太、 コムラマイ、 斉藤拓海、 さようならアーティスト、 稲葉あみ、 菅井早苗、 菅谷聡、 ちゃんもも◎、 角田啓、 中島晴矢、 ネギシコウダイ、 根本美咲、 平岡花、 Peter Freestone、 増沢夏実、 増田捺冶、 又吉美輪、 村田絵梨子、 許瞳、 吉田俊文、 赤倉知行、 山本千尋、 玉城泰久、 大通り、 としくに
価格:2,200円+送料
公式サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング