Culture

不思議の国のアリス展をそごう美術館で開催、草間彌生や清川あさみによるオマージュ作品も紹介

ルイス・キャロル「切手ケース」1890年 紙 Lewis Carroll, The Wonderland postage stamp case. The Rosenbach, Philadelphiaルイス・キャロル「切手ケース」1890年 紙 Lewis Carroll, The Wonderland postage stamp case. The Rosenbach, Philadelphia
ルイス・キャロル「切手ケース」1890年 紙 Lewis Carroll, The Wonderland postage stamp case. The Rosenbach, Philadelphia

 横浜のそごう美術館で「不思議の国のアリス展」が開催される。会期は9月21日から11月17日まで。

 ルイス・キャロル(Lewis Carroll)による書籍「不思議の国のアリス」は1865年に出版されて以降、170以上の言語に翻訳されており、150年以上にわたり世界で愛され続けている。

 同展の会場は3章で構成。第1章は貴重な初版とキャロルの直筆の原稿を展示し、ジョン・テニエル(John Tenniel)による挿絵の下絵などとともに同作の誕生について紹介する。第2章では主人公のアリスのほか、シロウサギやチェシャネコ、ハンプティ・ダンプティといった個性的な登場キャラクターたちを、チャールズ・サントレー(Charles Santore)やヘレン・オクセンバリー(Helen Oxenbury)ら7人の絵本作家や挿絵作家が描いた作品が並ぶ。最終章は草間彌生をはじめ清川あさみなど様々なアーティストが同作を題材に制作した作品が一同に揃い、絵本「はらぺこあおむし」の作者として知られるエリック・カール(Eric Carle)による新作のコラージュ作品やデザイナー舘鼻則孝によるブルーとレッドのクリスタルストーンがあしらわれたシューズも公開される。

 そごう美術館での会期終了後、福岡市美術館と静岡市美術館のほか名古屋市や新潟市にも巡回する。

■不思議の国のアリス展
会期:2019年9月21日(土)〜11月17日(日)※会期中無休
会場:そごう美術館
住所:神奈川県横浜市西区高島2-18-1 そごう横浜店6階
開館時間:10:00〜20:00、最終日は10:00〜17:00(入館は閉館の30分前まで)
電話番号:045-465-5515
料金:大人1,500円、大学・高校生800円
公式サイト

■福岡展
会期:2019年12月3日(火)〜2020年1月19日(日)
場所:福岡市美術館
住所:福岡県福岡市中央区大濠公園1-6

■静岡展
会期:2020年2月1日(土)〜3月29日(日)
場所:静岡市美術館
住所:静岡県静岡市葵区紺屋町17-1葵タワー3階

※名古屋市、新潟市の会場は後日発表

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング