ドンクライの公式サイトより

Media

「美しさの中に歪みがある」モトーラ世理奈らの容姿綴った"カルチャー顔"記事に批判集中、ウェブメディア「ドンクライ」が謝罪

ドンクライの公式サイトより

 ウェブメディア「ドンクライ(DON'CRY)」が、4月28日に掲載した記事「『カルチャー顔』が好きで好きで好きで。モトーラ世理奈を見ると胸が痛くなる」の内容が不適切であったとして公式サイトで謝罪した。該当記事は取り下げている。

 ドンクライは2017年に野田翔氏が開設。漫画やゲーム、映画といったカルチャー全般についてのコラムやクリエイターたちへのインタビュー記事などを掲載している。現在は開設時から編集部員として参加している餅男氏が2代目編集長を務めており、野田は記事の作成の傍ら餅男氏をサポートしている。

 騒動の発端となった記事では、野田氏が自身の好みの顔を「カルチャー顔」と称し、「美しさの中に歪みがある」「2枚目でもなければ、3枚目でもない。でも、整っている」「影がある」「弱さがある」「ベッドで見たときにめちゃくちゃカッコいい、美しい」と独自の基準で定義付けした。"カルチャー顔"に該当する具体例として、モデルで女優のモトーラ世理奈や歌手でレコードプロデューサーの小袋成彬、ラッパーでトラックメイカーのキッドフレシノ(KID FRESINO)らを紹介。実際の活動内容や創造物については触れず、モトーラを「そばかすもなく、目尻も垂れてなければ、きっと標準的なハーフ顔だっただろう」と表現したり、小袋について「ちょっと弱そう」など容姿についてのみを取り上げていた。

 該当記事についてSNS上では、「彼らの価値を見かけのみで判断している」「カルチャーをぞんざいに扱っているのではないか」「主観的なカテゴライズなのでは」といった批判が殺到。これを受けて野田氏は、「記事内で身勝手に言及してしまった方々に対して、またそのファンの方々に対して、そして読者の皆様に対して、多大なご迷惑をお掛けしてしまい、誠に申し訳ございませんでした」と謝罪。餅男は「個人の容姿に対して言及するという稚拙な内容であるにも関わらず、メディアという立場からそれを発信してしまったことを深くお詫び申し上げます。本記事により、多くの方を傷つけていることを痛感しており、編集長の立場として掲載を取り下げるという判断を致しました」とコメントしている。

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング