三越伊勢丹ホールディングス 杉江俊彦社長
Image by: FASHIONSNAP.COM

Business

三越伊勢丹HDが基幹3店舗のリモデルに100億円超の投資、ハイエンドブランドや化粧品の売り場拡張へ

三越伊勢丹ホールディングス 杉江俊彦社長
Image by: FASHIONSNAP.COM

 三越伊勢丹ホールディングスが2019年3月期通期連結決算(2018年4月1日〜2019年3月31日)を発表した。売上高は1兆1,968億300万円(前年同期比4.7%減)、営業利益は292億2,900万円(同19.7%増)、経常利益は319億9,500万円(同17.1%増)、純利益は134億8,000万円(前期は9億6,000万円の赤字)で減収増益。今期は人件費の削減や伊勢丹松戸店の閉店子会社マミーナの事業終了などの構造改革を行った結果、計238億円の販管費削減に繋がったという。2019年度は昨年発表した新戦略の主軸であるデジタル事業の基盤構築に56億円を追加投資するほか、ロイヤルカスタマーの満足度の向上やトレンドを取り入れた店舗づくりに注力し、中期計画で掲げる営業利益300億円達成を目指す。

— ADの後に記事が続きます —

 デジタル事業では総合コスメサイト「ミーコ(meeco)」を開設したほか、提案型のオンライン定期宅配サービス「イセタンドア(ISETAN DOOR)」やEC限定のウィメンズ向けSPAブランド「アームインアーム(arm in arm)」の立ち上げなどに取り組んだ。今年4月には基幹店3店舗で販売している全商品をオンラインと地方各店舗で共有するためのデジタル事業専門スタジオを開設。今後はスマートフォンのチャットでパーソナルスタイリングサービスを提供する「ドローブ(DROBE)」(2019年度内に開始予定)やシェアリングサービス(2020年度以降に運用開始予定)などを展開し、オンラインとオフラインをシームレスに繋ぎ回遊性を高める。

 昨年10月に第1期のリモデルが完了した日本橋三越本店や、今年3月に大規模リモデルを実施した伊勢丹新宿店メンズ館は好調だという。今年度は約100億円強をかけて伊勢丹新宿店本館と日本橋三越本店(第2期)のリモデルを順次開始。銀座三越は今年度から来年度にかけて改装に着手する。客数が多い化粧品や高級時計、ハイエンドブランドの売り場を拡張し、日本橋三越本店で展開しているコンシェルジュサービスなどのロイヤルカスタマー向けサービスを伊勢丹新宿店本館と銀座三越にも導入するという。不採算店舗の見直しでは、伊勢丹相模原店、伊勢丹府中店、新潟三越、岩田屋久留米店新館の閉店が決定している。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング