「TOKYO 2021」ロゴ

Art

東京オリンピック後の2021年と向き合うアートイベント開催、建築と現代美術にフォーカス

「TOKYO 2021」ロゴ

 各分野で活動するクリエイターが参加するアートイベント「TOKYO 2021」が、京橋のTODA BUILDINGで開催される。会期は8月3日から10月20日まで。

 TOKYO 2021は解体直前の戸田建設本社ビルを利用し、クリエイターたちが東京という都市の過去を新しい視点で検証するイベント。2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックにより表層化される日本像や価値観に対し、建築と現代美術のふたつの展覧会を通じて日本の都市史や美術史を再解釈することで2021年以降の未来と向き合うという。総合ディレクターに現代アーティストの藤元明、企画アドバイザーには建築家の永山祐子を迎える。

 建築展「課題『島京 2021』」では、東京オリンピック・パラリンピックを終えた2021年以後の都市状況について「東京=島京2021」をキーワードに考察。建築家である中山英之と藤村龍至が現状に対するオルタナティブを問う課題を作成し、"考える現場"としての建築展を提案する。課題は若手建築家が公募で集まった学生や社会人とともに取り組む。制作活動やオリエンテーション、ワークショップ、講評会などすべてのプロセスが会場で進行し、来場者に公開されるという。

 美術展「慰霊のエンジニアリング」では、美術家 黒瀬陽平のキュレーションのもと、近現代日本の「災害」と「祝祭」の歴史を振り返る。また、繰り返される災害と祝祭の中で新たな想像力や表現を生み出す芸術の営みを「慰霊のエンジニアリング(engineering of mourning)」と名付け、その系譜を辿っていく。

■TOKYO 2021
会期:2019年8月3日(土)〜10月20日(日) 11:00〜20:00
建築展:課題「島京2021」(8月3日〜8月24日 最終講評討論会 8月24日午後)
美術展:「慰霊のエンジニアリング」(9月14日〜10月20日)
会場:TODA BUILDING 1階
住所:東京都中央区京橋1-7-1
入場: 無料
※建築展・最終講評討論会後、8月25日から8月31日までは、ウィンドウエリアの建築展の成果物展示のみとなる。
※9月1日〜9月13日までは美術展の展示替えのため休場期間。
公式サイト

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング